名古屋グルメブログ。
テーマは、大切な人とおいしいものを食べながら。
「予算はひとり3000円」。そして、豊かな時間を作ること。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

チェスティーノ / 愛知県愛知郡長久手町大字前熊字下田170
チェスティーノ 長久手温泉店
愛知県愛知郡長久手町大字前熊字下田170
0561-64-3511


長久手温泉ござらっせを訪れた際、長久手温泉敷地内にあるチェスティーノ 長久手温泉店を訪れました。

『お風呂にはいるので、胃にもたれるものは嫌だ。』と思い、軽く単品料理か、ランチメニューを頼もうとお店にはいったのですが…。

続きを読む >>
オールドスパゲティファクトリー藤ヶ丘店 / 愛知県愛知郡長久手町熊田203
オールドスパゲティファクトリー藤ヶ丘店
愛知県愛知郡長久手町熊田203 
0561-62-4143
・営業時間:11:00〜23:00


久しぶりにオールドスパゲティファクトリー藤ヶ丘店へ行ってきました☆(2008年7月)

店内は落ち着いた雰囲気。
隣のテーブルとの間隔も広めなので落ち着くことができます。

ランチタイムには、「ピッツァ」「パン」「サラダ」「ドリンク」がつきます。

ちなみに「ピッツァ」「パン」は“おかわり自由”なんですよ〜☆(^-^)

わたしは、オールドスパゲティファクトリー藤ヶ丘店の具ののっていない「ピッツァ」が結構好きだったんですが、ソースが変わったのかな〜?

『以前よりも味が落ちたなぁ…。』と感じました。(; ;)

「サラダ」はドレッシングが多いです。。。=w=;

わたしは、濃い味付けが苦手なので、このドレッシングの多さには…『うっ。。。』ときました。><;

さて、メインは「魚介類のパスタ」を頼んだんですが…。
写真を撮り忘れてしまいました。(涙、涙、涙

うーん。どうしたら食欲に負けず(?)、心を落ち着けて写真を撮る習慣が身に付くものなのか…(T-T;)?

写真がなくて、ごめんなさい。m(__;)m

パスタのお味は、前回訪れたときには、『昔より味が落ちたなー。魚介類の具も小さいし、冷凍品っぽいし、少ない…。』と思ったんですが、今回はなかなか美味しかったです。

調理する人が変わったんでしょうかねぇ…?

以前も、わたしの大好きなプリンののったケーキ(店頭で販売されているパステルのケーキです)が小さくなっていてショックを受けたことがありましたが(笑)、ところどころ変更される点がありますね。

リピートすると、いろいろな“変化”を感じます。

“変化”と言えば、10年ほど前はカップルのお客さんが多かった記憶ですが、今回訪れた際には、ファミリーのお客さんが増えたように感じました♪


(以下、前回訪問時の記事)
「なめらかプリン」のpastel(パステル)も売っているスパゲティー屋さん。

最初は、なんでスパゲティー屋さんでなめらかプリンを売っているのだろう?と不思議に思っていたのですが、それもそのはず。

オールドスパゲティーファクトリーは、なめらかプリンのpastel(パステル)やとんかつ知多家(チタカ)を展開しているチタカ・インターナショナルがやっているお店なんです。

チタカ・インターナショナルさんは、他にもミスド(ミスター・ドーナツ)やケンチキ(ケンタッキーフライドチキン)もFC(フランチャイズ)展開していて、オールドスパゲティーファクトリーもアメリカで30店舗以上も展開しているお店のFCなんですよ。日本でも、他の会社が神戸とか

色々なところでつながっているんですねー。

さて、お店のウンチクはこれくらいにしておいて・・・。

このお店がある長久手は、学生さんが多いからか、お店にも学生さんや若い人、女性のお客さんが多い。
オールド・アメリカンな雰囲気漂う広い店内には、古い市電をモチーフにした座席があったり、座席ごとに違う楽しさがあります。

↓こんな感じ


オーダーもアメリカンです。
パスタとピザとパンとドリンクの組み合わせ。ピザとパンは取り放題。ドリンクもコーヒーとティーは飲み放題。

パスタの種類も豊富で、値段も手ごろ。
若いカップルでファミレスに行くならこちらのほうがよいのでは?という使い方がベストかな。あと、子供連れのファミリーにもいいと思います。子供が喜びそうです。

一応、無添加食材を利用したり、食器も環境ホルモンが出ないものを使用しているという「やさしさ」も売りにしているのですが、お味としてはケミカルな感じがするのもご愛嬌かな??

駐車場もばっちり用意されているので、車で行く場合にも使いやすいお店だと思いますよ。


オールド・スパゲティ・ファクトリー 藤ヶ丘店 (the old spaghetti factory)
ARENA VENINI(アレーナ・ベニーニ) / 名古屋市千種区桐林町1-4-1 池下ヒルズ1F
ARENA VENINIアレーナ・ベニーニ) イタリア料理
名古屋市千種区桐林町1-4-1 池下ヒルズ1F
052-757-5100
・営業時間:11:30〜14:30、17:30〜21:30
・定休日:水曜日


ARENA VENINIアレーナ・ベニーニ)のランチコースを食べにいきました☆^^

ランチコースは、(1)パスタランチ1995円、(2)Aコース2835円、(3)Bコース3885円、(4)Cコース5565円とありますが(※詳細は、下の画像をクリックしてくださいね♪拡大サイズでチェックすることができます。)、わたしたちは初めて訪れたので、(2)Aコース2835円を注文しました。

デジカメを忘れてしまったので、お料理の写真がなくて申し訳ないですが…。(; ;)メニュー用紙を頂いてきたのでUPしておきますね☆^^(クリック→クリック…で、画像が拡大します。)
arena venini
わたしは、1)プリフィックスメニューは「ガンベリとレタスの温かいキッシュ、車海老のサラダ添え。赤ピーマンソース」を。

2)プリモ ピアットは、店員さんのお心遣いで、「ズワイガニのリゾット、ジェノバ風」と「田舎風ミートソースのラザーニア“ティンバーロ”仕立て」を半分量ずつ。

3)セコンド ピアットは、「モロコシ豚のロース肉のポワレー、香り塩添え」を選びました。

イタリア料理店なので、「おいしいキッシュが食べれるのではないか?」と期待したのですが、キッシュはいまいち。記憶に残らないものでした。

2)は、ラザーニアが美味しかったです。でも、ラザーニアは自分でも作れるので、その点を考えると、感激するほどのレベルではありませんでした。

3)は、モチモチのブタ肉を期待していましたが、さっぱりしてどちらかと言うと、鶏肉に近いような豚肉でした。モロコシはヘルシーだから、ヘルシー豚肉になるんでしょうか?^^;

健康には良いかもしれませんが、わたし的には、たまに食べるものは少々健康に悪くても、脂たっぷりのモチモチ&ジューシーな豚肉がいいなぁって思いました。(笑)

ワゴンサービスのデザートは、好きなものをチョイスできるので、スイーツ好きな方にはうれしいサービスだと感じましたが、スイーツの味のレベルはいまいち…。

しかも1皿のお皿に、シャーベットもケーキも一緒に盛られるので、溶けやすいシャーベットが溶けて味が混じってしまい、余計に不味く感じました。

オーダーしたものと違うものが盛り付けられてきたんですが、それに対する謝罪もなくて、店員さんの対応もいまいち…。

とてもフレンドリーな店員さんばかりで、いろいろと話しかけてくださるのですが、カウンター式の居酒屋やお寿司屋さんなら楽しめますが、わたしは、ちょっとイライラしてしまったかな。^^;

フレンドリーな気取らない雰囲気で、気軽なイタリアンを食べたいときにはいいお店だと思います。


街のパスタ屋さんJAM / 名古屋市名東区宝が丘266−1
街のパスタ屋さんJAM
名古屋市名東区宝が丘266−1
052-777-3907
・営業時間:11:30〜15:00(LO14:30)、17:30〜22:30(LO22:00)
・定休日:火曜日(祝日の場合は営業、翌日休) ★★★☆☆


街のパスタ屋さんJAMは、豊富なパスタメニューを楽しむことができるイタリアンのお店です。

店内は、アットホームで可愛らしい雰囲気♪わたしたちは、階段を下りた下の座席に案内してもらいましたが、落ち着く空間でした。

ランチの時間帯に訪れたので、黒板にはサラダとドリンクが付くお得なランチメニューが♪^^

わたしたちは、「A.豚肉と小松菜の青じそスープ」と、「D.ほたてとなすの和風パスタ」を注文しました。

サラダは、自家製オリジナルのドレッシングが食べやすい味で美味しい。

こちらは、「A.豚肉と小松菜の青じそスープ」のスープパスタ。

深みのあるお皿に盛られたスープパスタは冷めにくくて熱々を楽しむことができました。さっぱりした味で食べやすいけれど、ちょっと飽きが来る感じがしたかな。

こちらは、「D.ほたてとなすの和風パスタ」。

“しいたけ”や“たまねぎ”も入っていて、見た目よりも具材はたっぷり入っていました。

“ほたて”が細々したタイプのものだったのが残念ですが、850円という価格を考えれば当然ですね。^^

美味しい味をしていましたが、相方も途中で「ちょっと飽きてきた〜。」と言うので、途中で交換♪

美味しいんだけれど、何だろう?
量が多いのかなぁ…???
大衆的な味だからかなぁ…???

グループで訪れた方が、少しずつ違う味を楽しむことができるので最後まで飽きずに楽しめるかなって思いました。

最後にデザートです☆
わたしたちは、クーポン券を持っていたので、“いちごのムース”か“JAM風ショコラ”のデザートをサービスして頂くことができました♪

「サラダ・パスタ・ドリンク・デザート」のセットで850円はお得感がありますよね〜♪♪

残念ながら、デザートの味は両方ともイマイチ…でしたが、コスパは高いランチではないでしょうか。

ボリュームもあるせいか、店内は女性客が多かったものの、スーツ姿の男性客もチラホラいらっしゃいましたよ☆
La Liliana (ラ・リリアーナ) / 名古屋市昭和区滝川町47-24 光洋マテリカビル
La Liliana(ラ・リリアーナ)

名古屋市昭和区滝川町47-24 光洋マテリカビル

052-837-0611

・営業時間:11:30〜15:00pm(L.O.14:00)、18:00pm-23:00pm(L.O.21:30)

・定休日:水曜日 ★☆☆☆☆




La Liliana(ラ・リリアーナ)は、八事の閑静な住宅街にある「リストランテ」。※「リストランテ」=「高級イタリアンレストラン」のことです。



わたしは、“シェフのおまかせコースディナー(9000円〜)”を予約しました☆予約時に“苦手な食材”を伝えたところ、「分かりました。お伺いした食材は使いません。」と、とても親切で丁寧な電話対応だったので、期待して訪れましたが…。



正直、ガッカリすることの多いレストランでした。(; ;)



参考までに、ラ・リリアーナのHPでは、“シェフのおまかせコースディナー(9000円〜)”のメニューは、こんな感じです。(そのまま抜粋)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「サンマのグリル、クスクスとムール貝添え」

「オマール海老とアワビのサラダ レモン風味 アボカドのピューレ添え」

「鮮魚のソテー フレッシュ」

「小ヤリイカとズッキーニ、ボッタルガのタリアテッレ」

「トランペット茸とフォアグラのカネロニ仕立て オーブン焼き」

「茨城県産の仔牛のフィレ肉のソテー ポルチーニ茸とマルサラワインのソース」

「デザートメニューよりお好のデザート」

※仕入れにより多少のメニューの変更もございます、ご予約の際 お尋ね下さい。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////



アンティパストは、「サンマのグリル、クスクスのムール貝添え」ではありませんでした。あまり面白みのないアンティパストに、この時点で、わたしは少々不安な気持ちに…。



「オマール海老とアワビのサラダ レモン風味 アボカドのピューレ添え」は、冷凍品であろうオマール海老が美味しくなかったです。=w=;身のプリプリ感がなく、水っぽかった。



せめて冷凍品であることをカバーするような調理方法&味付けだったら、もう少し美味しく感じられたかもしれませんが、さっぱりしたアボカドのソースだったので、余計に水っぽさが増していたような気がします。。。



「パン」は、温かくなく、バターもついてきませんでした。この時点で、La Liliana(ラ・リリアーナ)に対する“不信感”がフツフツと沸いてきたわたし。

それが、次の料理が出された瞬間、“不信感”から“不信”に決定的に変わりました。



「鮮魚のソテー フレッシュ」では、なんと、予約時に伝えておいた“苦手な食材”が出されたのです!!(怒)



相手方は、その“苦手の食材”を丸々残し、わたしは、『予約のときに、何度も念押しして、確認したのに…。』と、とても悲しい気持ちになりました。



それなのに、ギャルソンの方ときたら、「あ〜。そういえば、●●●がお嫌いだったんでしたねー。すみませんねぇ、ハハハ。もう次の料理からは出ませんから。」と笑って済ますではありませんか!!(驚)



も〜、ビックリして、思わずつられて笑ってしまったほどでしたが、怒りがフツフツと沸いてきましたね。



次のお料理、「小ヤリイカとズッキーニ、ボッタルガのタリアテッレ」では、「“ズッキーニ”は、念のため使用しないでください。」と伝えておいた食材なので、「小ヤリイカとイカスミのパスタ」に変更してくれていました。

こちらのお料理は、いままで食べたなかでは、1番美味しかったです。でも、よく考えれば、それほど美味しいパスタとは言えないレベル。



わたしが過去に食べた他店の“最上のイカスミパスタ”と比較すれば、イカスミの風味、濃厚さは、ほとんど感じられなかったし、いたって普通or少し良いレベルというのが、正直な感想。



「トランペット茸とフォアグラのカネロニ仕立て オーブン焼き」は、“黒トリュフ”が使用されていて、カネロニ(薄いラザニエのような生地の中に、お肉などが詰まっている料理)の上に載っていましたが、カネロニの味付けが濃くて、トリュフの味が全くしないほど、損なわれていました。



メインは、「茨城県産の仔牛のフィレ肉のソテー ポルチーニ茸とマルサラワインのソース」以外に、「ジビエ(蝦夷鹿)」と「鴨」の3つから選択できるようにしてくださったため、わたしは、「ジビエ(蝦夷鹿)」を。相方は「鴨」を選択。



『お願いだ〜!!これ以上、失望させないでくださいっ。><;名誉挽回となるメイン料理を…。』と祈るような気持ちで、お料理を待ちましたが、メインが来た途端、わたしは絶望的な気分に。(凹)



盛り付けからして面白みに欠け、薄めの「蝦夷鹿肉」が3切れ“ペロン”と並んでいたからです。(泣)

「鴨肉」の方は、5切れありましたが、華やかさに欠けるのはどちらも同じ。ソースも、いたって普通のお味でした。





この時点でパンがなくなってしまっていたんですが、追加してくれる気配もなく…↓。「追加してもらえますか?」とお願いする気も失せていたので、黙々と食べました。





「デザートメニューよりお好のデザート」は、こんな感じ。↓

お味は、普通です。=w=;



でも、デザートが出された時点で、わたしは内心、『これ以上、失望させられることはない。何であれ、すべて終わった。』と、“ホッ”としたので、1番心を落ち着けて頂くことはできたかな。(苦笑)



デザートを食べ終わって、しばらく経ち…。



相方が、「もう帰ろうか?」と言いましたが、「ちょっと待って。ドリンクがあるはずだよ。」と引き止めるわたし。



『最後までイライラさせないでよ〜。(泣)』と不安な面持ちで待つこと数分。やっと気付いて、ドリンクを注文することができたのですが…。



La Liliana(ラ・リリアーナ)は、最後の最後まで、わたしを仰天させてくださいました。ヽ(бДб;)ノ!!



わたしは、珈琲を頼んだんですが、珈琲を置いたらさっさと退散してしまうではないですか!



『ちょ、ちょっと、シュガーとクリームを!』と口をパクパクさせるわたし。(泣)



でも、相方のドリンクが来ていなかったので、とりあえず待つこと数分。( ̄ー ̄;



相方のドリンクを持ってきてくれた時に、ようやく、「砂糖入れますか?」と気付いてもらえた。。。



…が!!!



なんと、シュガーセット(黒角砂糖、白角砂糖、白粉砂糖)を持ってきてくれた際、『どれ?』という素振りを見せるので、『え?自分で入れたいけれど、なんだろう?』と不思議に思いながらも、黒角砂糖を指差すと、“上”から“ポトン”と珈琲に落とし入れてくれるではないですか。。。



…エ゛?マジ?(;´▽`A``



『角砂糖は、大きさもバラバラだから自分で選びたいのにな。』と思いながらも、「2つくらい入れますか?」と聞かれて、反射的に「はい。」と答えてしまったわたし。



またもや、“上”から“ポトン”と…。( ̄ε ̄;)



砂糖を落とし入れて、役割が終わったかのように退散しようとするギャルソンを慌てて引きとめようとすると、「あ、クリームも入れますか?」と。



「はい。」と答えると、厨房に消えてしまった。。。



…あ、あの、珈琲を早くかき混ぜたいんですけど…。ヽ(σ。σ)ノ



またしても、しばらく待たされること数分。



熱々にした“クリーム”を出してくれたけれども、時間が経ってしまった珈琲は、すでに冷めかけていて不味かった。『キーーーッ!!(怒)クリームを必要になってから温めるよりも、冷たくてもいいから、すぐに珈琲を飲めるように、最初から出してよネッ!(爆)』



もー。。。最悪です。。。



1品1品のお料理が出されるまでの“待ち時間”が異様に長かったり、他のお客さんのお料理でしたが、テーブルに置かれたまま放置されるシーンがあったり(他人のお料理とは言え、『早くお客さんのテーブルに持っていかなきゃ!』と私が焦ったね。(苦笑))、あまりにも不愉快な点が目につき過ぎました。



リストランテ」とは、名ばかりですね。



これで、22000円/2名(サービス料10%込)とは納得できない。

そんな不満感の残る、イヤ〜なディナーでした。



おまけに、支払い時、レシートすら渡さなかった。( ̄. ̄;)



“年齢が若い客だから…。”などと、バカにしている様子には見えませんでしたが、どちらにしても、こんな営業をしていてはマズイんじゃないかと思います。



唯一良かったのは、落ち着いた店内の雰囲気=「箱」だけ。

イタリア料理ベッラ・ルーナ / 愛知県海部郡大治町大字東條字郷内37
イタリア食堂ベッラ・ルーナ
愛知県海部郡大治町大字東條字郷内37
052-442-5055
・営業時間 17:30〜21:30、11:30〜14:00
・定休日 月曜日及び第3火曜日
★★★☆☆


イタリア食堂ベッラ・ルーナは、静かで落ち着いて食事ができるアットホームな雰囲気のお店。

ディナーに訪れましたが、
アンチョビとキャベツのスパゲティ(1050円)、
丸ごと一匹!渡り蟹のトマトソースリングイネ(1400円)、
ピッツァ・マルゲリータ(1300円)、
ピッツァ・ビスマルク(1300円)など。

パスタとピッツァが、1000円〜1500円くらいの価格帯で充実しています。

パスタは、湯で加減アルデンテ。
ピッツァは、モチモチの生地でなかなか美味しかったです。

店内の壁面に適当に飾ってある絵画の配置がやたら気になりましたが(笑)、全体的な雰囲気はなかなかいいし、お料理もなかなかGOODだと思いましたが、サービスはいまいちカモ…。^^;

格別不快感を感じるような程ではないのだけれど、ウェルカムでないような態度というか、ダラ〜ッとしている態度というか…。

何度か座席を見に来るけれど、ただ「見ているだけ」で、お水がなくなっても気付いてくれないところとか。でも、お皿だけはさっさと下げにくるところとか。(笑)

些細な点かもしれませんが、“見張られているけれども、肝心なところには気付いてもらえない”ような、妙な居心地の悪さをちょびっとだけ感じました。^^;ちょびっとネ。

訪れた時間帯が早くて、他にお客さんがいなかったせいも大きいかもしれませんが、細かいところも改善されると、もう少し洗練された印象になるだろうに…と、勿体ない気持ちがするお店でした。
イタリアン厨房 ピッコロ・ステラ / 愛知郡長久手町大字長湫字池田47-1
イタリアン厨房 ピッコロ・ステラ
愛知郡長久手町大字長湫字池田47-1
0561-64-2220
・営業時間:11:00〜22:00(ラストオーダー21:30)、ランチタイム11:00〜17:00 ★★★☆☆


イタリアン厨房 ピッコロ・ステラは、2007年8月29日にオープンしたばかりのイタリアンのお店☆広々とした駐車場があり、店外には、綺麗にガーデニングが施されていて、噴水もあったり…と、こ洒落た雰囲気がなかなかGOODです♪

メニューをみると、パスタとピッツァが売りのお店のよう…。ピッツェリア マリノを意識しているって感じのラインナップ&価格帯です。

わたしたちは、お好きなサラダ・パスタ・ピッツァ・本日のケーキ2個・ドリンクのコースメニュー、インコントラーレ(2名3800円)を注文しました☆

パスタは、ヤリイカとほうれん草の明太クリーム。ピッツァは、カルボナーラ。ケーキは、モンブランとマロンのケーキを選びました。

パスタの量は少なめですが、クリーム系のパスタを選んだので、結構ずっしりきました。トマト系のパスタだと、さっぱりしている分、少し物足りない量かも…。お腹いっぱい食べたいときには、プラス350円で“たっぷりサイズ”にするといいですね♪

ピッツァは、中央部分は薄い生地で、周囲はモチモチ&フワッとした、最近流行りらしい(?)よくお目にかかる生地でした。

「格別に美味しい」とまではいかないけれど、無難に美味しく、満足できる内容かな♪

オープンしたばかりのお店特有の元気なエネルギーが感じられて、スタッフさんの対応も良く、居心地が良かったです。

全体的に若い年齢層のお客さんが多かった感じがしますが、デートはもちろん、女性同士や、ファミリーなど。さまざまな目的で、気軽に訪れることのできるお店だなって感じました。
スパゲティー洋麺屋 五右衛門 / 名古屋市中村区名駅一丁目1番4号
スパゲティー洋麺屋 五右衛門
名古屋市中村区名駅一丁目1番4号
052-566-5525
・営業時間:11:00〜23:00 ★★★☆☆


スパゲティー洋麺屋 五右衛門は、お箸で食べるパスタ屋さんとして有名ですね☆いまは増えてしまって珍しさも半減しましたが、お店ができたばかりの頃は、話題になった記憶…。
メニューは、牛肉とほうれん草の具だくさん醤油バター¥1050、明太子と豚とからし高菜の博多風¥1000、伊達鶏とれんこんの和風ペペロンチーノ¥1050など。和風テイストのパスタが多い点が特徴的です☆

麺は、太麺でボリュームもいっぱいなので、食べ応えがあります。わたしは、特別に好きなパスタ屋さんではありませんが、無難に食べられるものが多いので利便性は高いと感じます。

お値段もお手ごろなので、学生さんやOLさんに大人気ですね♪いつ訪れても、女性客で賑わっている印象があります。わたしも、女性同士でしか訪れたことがありません。ワイワイガヤガヤと、結構うるさいので(笑)、静かに落ち着いて食事をしたいときには、ちょっとNGなお店です。

スパゲティー洋麺屋 五右衛門名古屋ユニモール店
名古屋市中村区名駅4-5-26先 ユニモール地下街 052-565-6737

スパゲティー洋麺屋 五右衛門名古屋栄店
名古屋市中区栄3-15-33 栄ガスビル B1 052-242-7088

スパゲティー洋麺屋 五右衛門名古屋久屋大通り店
名古屋市中区錦3-15-11 セントヒサヤビル 2F 052-961-9344

スパゲティー洋麺屋 五右衛門金山店
名古屋市熱田区金山町1-1-18 金山プラザ 2F 052-680-1055

スパゲティー洋麺屋 五右衛門名古屋タワーズプラザ店
名古屋市中村区名駅1-1-4 タワーズプラザ 13F 052-566-5525

スパゲティー洋麺屋 五右衛門日進岩崎店
愛知県日進市岩崎町六坊88 0561-74-7371

スパゲティー洋麺屋 五右衛門春日井店
愛知県春日井市鳥居松町5-28 0568-87-7601

スパゲティー洋麺屋 五右衛門江南店
愛知県江南市赤童子町桜道3番地 0587-51-5861

スパゲティー洋麺屋 五右衛門一宮店
愛知県一宮市妙興寺2-1-1 0586-47-7531

スパゲティー洋麺屋 五右衛門岡崎店
愛知県岡崎市井田西町1番14 0564-65-8251

スパゲティー洋麺屋 五右衛門豊橋店
愛知県豊橋市花田町字越水34-1 0532-34-1617

スパゲティー洋麺屋 五右衛門稲沢店
愛知県稲沢市高御堂1-21-6 0587-34-6920

スパゲティー洋麺屋 五右衛門尾張旭店
愛知県尾張旭市東大道町曾我廻間2285番1 0561-55-4115
ダイニングバー SYN / 名古屋市中区丸の内1-9-6桜井ビル1F
ダイニングバー SYN

名古屋市中区丸の内1-9-6桜井ビル1F

052-204-1297

・営業時間:17:30〜翌1:00、金土17:30〜翌2:00

・定休日:日曜日





ダイニングバー SYNは、隠れ家的なイタリアンのお店★わたしは、数回訪れたことがありますが、何度訪れても方向オンチのわたしは、場所が覚えられず。。。「1人でお店に行け」と言われたら、たどり着かないような気がします。ーー;



はじめてダイニングバー SYNに訪れたときには、『へぇ〜。こんな場所に木造の建物があるなんて!』と驚くのではないでしょうか?



店内も落ち着いた雰囲気が魅力的です。



よこ田に似た雰囲気だな〜。」と思ったら、なんと“よこ田”と同じ系列店なんだとか。



メニューは、コースもありますが、単品では、真かじきのタルタル1400円、旬菜と秋刀魚(さんま)のテリーヌ1600円、手長海老とトマトのスパゲッティー1500円、奥三河地鶏のスパイシー焼き2200円など。予算5000円に分類しましたが、10000円くらい見ておいたほうが無難かもしれません。



お料理のお味ですが、美味しいけれど、やや記憶に残らない感じです。><;



わたしは、3、4回訪れたことがありますが、何度訪れても後から振り返ると、「何食べたっけ?」と料理を思い出すのに時間がかかり、「美味しかったけれど、特別でもないよなぁ…。」というのが正直な感想です。



大してワインを飲まなかったときも、お料理の感想は変わらなかったので、決して酔っ払いで記憶を失くしているわけではないと思います。(笑)



でも、雰囲気はいいですからね♪



ちょっとオシャレな少人数での飲み会を開きたいときや、雰囲気重視のデートのときにはピッタリではないでしょうか。^^
Vicino(ヴィッチーノ) / 名古屋市千種区大島町1-20 1F
Vicinoヴィッチーノ
名古屋市千種区大島町1-20 1F
052-762-3986 
・営業時間:11:30〜14:00(木〜月曜)、18:00〜21:30
・定休日:火曜
 ★★★★★


Vicinoヴィッチーノ)は、と〜っても美味しいイタリアンのお店☆
知っている人の間では、結構有名で人気なお店なので、予約を入れておいたほうが確実です!

ランチは、1700円、3000円のコースがあります。(以前は、2500円くらいのコースがあった記憶。値上がりしたのかな?)わたしが撮影した下記の画像は、2500円くらいのコースなので、いまは少し変わっているかもしれませんが、参考にしてください♪^^

Antipasto(スープor前菜)、Primo Piatto(パスタ)、Secondo piatto(メインの魚or肉)Dolce & Cafe、自家製パンと続き、どれもこれも、ハズレなしと言っていいほど、美味しかったです☆

強いて言えば、メインのお肉がちょっと塩辛かったかな。デザートはアイスが溶けるのを恐れて、真っ先に食らいついてしまい、写真がありません。ゴメンナサイ。。(*^^*;)

←コレ、めちゃくちゃ美味しかったですね!


「う〜ん♪今日は最高にアタリのランチだった!」と、お料理は大満足でした☆


…が!!

最後に頂いたコーヒーが不味かったです。(=m=)

きっと、シェフはコーヒーをあまり飲まない方なのでしょうネ。。。

あと、ご夫婦でお店を切り盛りされているので、お料理の出てくるスピードが遅いです。料理と料理の“間”にこだわる方は、少々“プッチン(怒)”来るかもしれません。(それを忘れるくらい、真剣に美味しい料理を作ってくださるので、わたしは腹が立ちませんでしたが♪)

今度はディナーで訪れたいお店です☆^^