名古屋グルメブログ。
テーマは、大切な人とおいしいものを食べながら。
「予算はひとり3000円」。そして、豊かな時間を作ること。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ラーメン 麺水 (めんず) 一宮店 / 愛知県一宮市森本2-4-3 | main | <楽天お取り寄せグルメ>mono-mall(株式会社 ボン・サンテ) / 東京都葛飾区亀有3-32-20 >>
MAMA’S juniar(ママスジュニア) / 愛知県一宮市猿海通一丁目8番37号
MAMA’S juniarママスジュニア
愛知県一宮市猿海通一丁目8番37号
0586―24―6440
・営業時間:平日:15:00〜2:00、土日祝日:11:00〜2:00(オーダーストップ 1:30)


MAMA’S juniarママスジュニア)は、随分前からあるお店だそうですが、赤(エンジ色)い建物に、緑(モスグリーン)の看板というコントラストが、とっても目立つ洋食(創作料理)店です☆

中は薄暗くて、一瞬Barかと思う雰囲気がしました。

座席は普通のテーブル席ですが、最初に案内していただいた席が、タバコの煙が酷くて耐えられなくなり、申し訳ないと思いつつ席を変わってもらいました。><;

わたしはタバコの煙ですぐに喉がやられてしまう質なので、食事する場所は禁煙席と喫煙席と分けてもらいたいものです〜。(T-T)ウルウル。。。

メニューは、ドリア、ピッツァ、パスタ、ハンバーグなど。
種類豊富で迷ってしまうほど。

わたしは、ピッツァが食べたかったので“チキンピッツァ”を選び、あとは相方におまかせしました♪

チキンピッツァは、『くどい味っすなー!(驚)こればっか食べ続けたら、メタボまっしぐら間違いないネ!』っていうくらい、カロリー高そうな味なんですが、不思議とクセになる美味しさでした。

きっと、ちょっと隠し味に“醤油”など。日本の調味料を使っているんではないかなぁ。
日本人に合う隠れ技をつかっているな、コレは!っていう味です。


相方がオーダーしたのは、正確な名前を忘れてしまいましたが、“ほうれんそうのドリア”と“サーモンのソテー”。

デジカメを忘れてしまったので、携帯撮影にて気色悪い色に写ってしまいましたが。(汗)

実物は、もっと美味しそうな、“食べ物の色”してます。(笑)

この2品も、“醤油”を使っていると思われますネ!^^

イタリア人が食べたら、『なんじゃこりゃ!?』とビックリするかもしれませんが、日本風ドリアだと思って食べれば、いままでに食べたことのない新しい“クド美味しさ”を楽しめるんじゃないかなって思います☆

さっきから、クドイ、クドイって書いてますが、批判しているわけではなく、おいしいんですよ。
「クドイけれど、なんかおいしい」って感じです。

ドリアには、マヨネーズをかけていただくのもオススメだそうで、マヨネーズのボトルがボン!とテーブルに置かれましたが…。

『すでに充分マヨネーズはいってるんじゃね???』っていうお味がしていたので、わたしたちは使いませんでした。

マヨラーには、たまらん料理かもしれません♪(*^^*)
スポンサーサイト
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/04/15 20:54
禅さん、はじめまして☆
素敵な情報をありがとうございます。

「日本料理一期一会・禅」を検索させていただきました。
落ち着いたオトナの雰囲気がするHPでいい感じですね〜。

あ、おすすめしてくださった「江南のすず音」さんも検索してみました。

お値打ちみたいですね♪

どちらも行ってみたいです。
教えてくださりありがとうございました☆
うっぴいサン、はじめまして☆
コメントをありがとうございます♪

コメントを頂けると、ガンバッテ記事を書こう!って気分になります。><

ありがとう。
はじめまして、たまたま発見しました!
MAMA'S juniarさんはまだ利用したことがないので「ぜひ一度いってみたい」と思いました。
お店の雰囲気もよさそうで楽しみです♪

またこちらのブログには訪れたいなと思っているので、新しい情報をお待ちしております。
それでは\(^o^)
うっぴぃ | 2008/11/27 11:25
初めまして禅です。偶然このブログを見つけ楽しく拝見させて頂いています。僕は一宮市木曽川町で日本料理一期一会・禅と言うお店をやっています。僕のおすすめは江南のすず音さんです。とてもお値打ちで美味しいので、一度行ってみてくださいね。
禅 | 2008/11/26 22:39
COMMENT









Trackback URL
http://gourmet3000.jugem.jp/trackback/247
TRACKBACK