名古屋グルメブログ。
テーマは、大切な人とおいしいものを食べながら。
「予算はひとり3000円」。そして、豊かな時間を作ること。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 愛知県(名古屋市外)のお店 | main | 時任屋 / 名古屋市中区栄3−25−27 >>
支那そば大黒 / 名古屋市港区港陽3−3−8
支那そば 大黒(ダイコク)
名古屋市港区港陽3−3−8
052-661-5505
営業時間 : 11:00-14:30,17:30-21:00 
定休日 : 月曜,第一火曜




一時テレビで有名になった藤沢にある「しなそば家」をやっている佐野さんのところで修行したらしい。

あくまで、「らしい・・・」なんだけれど。

とても昔に一度行ったことがあったけれど、家から遠くて疎遠になっていたラーメン屋さん。その後、移転したと聞いていたのだけれど、たまたまサークルKでご当地ラーメンになって、カップ麺として売り出されたことで思い出した。

せっかくだから、新しいお店にいってみようということで、今回はお邪魔した。

このお店では、僕はやっぱり「塩」を頼みたい。
ちなみに、あまり遅い時間に来ると「塩」は売り切れだ。曜日にも寄るだろうけれど、僕はこのお店にいくとすれば、7時くらいまでに入って、しっかり「塩」を頼むべきだと思うよ。

あ、あと「煮玉子」も忘れずに。こいつは、名古屋コーチンの煮玉子だ。
チャーシュー、メンマ、焦がしネギ。塩にトッピングされている一品一品、単品で食べても食べ応えがあるくらいのチカラがある。

そこに「煮玉子」が加わると、結構なボリューム感が出て、夕食として十分に役割を果たせる。・・・僕は、ラーメンだけではおなかが膨れないほうなのだ(笑)

塩は、あっさりとすんだスープだがこくあり、焦がしネギの風味がよいです。

女の子といくときには、スープを最後の一滴まで「ごっつあんです」というのはいかがなものかと思ったけれど、男のほうが飲み干せるからこそ女の子も飲み干せるのさ・・・。

そんな言い訳を考えながら、最後の一滴まで「ごっつあん」してきました(笑)
スポンサーサイト
常滑焼散歩道に出来た、らーめん八戒も美味しいですよ。
猪豚らーめん(チャーシューが猪豚製)和歌山ベースの醤油とんこつと北海道の塩ラーメンそれぞれにピリ辛・バリ辛があります。
猪豚串とかもあって、窯の中でカラオケも出来ちゃいます。
常滑市栄町7−45 TEL:0569-35-2172
くま | 2008/02/20 17:35
COMMENT









Trackback URL
http://gourmet3000.jugem.jp/trackback/6
TRACKBACK